シマノ「朱紋峰 本式」スペック表

【2020-09-27】

初代「朱紋峰」の登場は、1983年。現在のところすでに37年の時が経っています。「朱紋峰 硬調」「朱紋峰 ぬけさく」(大ヒット)「朱紋峰 競」「朱紋峰 先ぬけ」などを次々にリリース。

シマノヘラブナ竿の礎を造りました。

「朱紋峰 本式」は、2020年現在での最新モデルとなっています。朱段巻きの美しい竿で、フィールドを選ばない本道の本調子に仕上げられています。8尺〜21尺まで13本のラインナップです(20尺は無し)。

シマノヘラブナ竿の原点とも言える竿なので、今後も長く続くシリーズとして期待できます。

「朱紋峰 本式」は、オールラウンダーとも言える幅広く、フィールドを選ばない竿です

スポンサーリンク

「朱紋峰 本式」スペック表

※シリーズ名、長さ、継数、重さ、元径、標準価格の順です。

シマノ 朱紋峰 本式

8尺

朱紋峰 本式 2.4m 3継 63g 8.8mm 4万7,400円 

9尺

朱紋峰 本式 2.7m 3継 78g 9.4mm 5万1,000円 

10尺

朱紋峰 本式 3m 3継 80g 9.6mm 5万4,100円 

11尺

朱紋峰 本式 3.3m 4継 82g 9.8mm 5万6,700円 

12尺

朱紋峰 本式 3.6m 4継 85g 9.8mm 6万1,200円 

13尺

朱紋峰 本式 3.9m 4継 85g 9.9mm 6万6,300円 

14尺

朱紋峰 本式 4.2m 4継 87g 9.9mm 7万1,400円 

15尺

朱紋峰 本式 4.5m 5継 87g 10.7mm 7万6,500円 

16尺

朱紋峰 本式 4.8m 5継 93g 11.3mm 8万2,200円 

17尺

朱紋峰 本式 5.1m 5継 93g 11.8mm 8万7,300円 

18尺

朱紋峰 本式 5.4m 5継 98g 12.1mm 9万2,500円 

19尺

朱紋峰 本式 5.7m 6継 108g 12.4mm 10万2,800円 

21尺

朱紋峰 本式 6.3m 6継 123g 13.2mm 11万8,500円 

「朱紋峰 本式」の特徴

あえて、やや太めのチューブラー穂先を採用。8尺〜10尺までの先径は1.3mm、11尺は1.2mm、12尺以上では、1.1mmとなっています。

チューブラー穂先の利点は、先重り感が少なく竿を握った際に「スッとした」心地良さを感じることです。

竿の自重をみても過度な軽さ追求は抑え、大型で引きの強い野ベラから、管理池の数釣りまでソツなくこなしてくれそうです。

オシャレな朱段巻きに合わせた握りも好感が持てます。飽きがこず長く付き合える竿だと思います。

シマノ「朱紋峰 本式」カタログ

シマノ「朱紋峰 本式」デジタルカタログ ※外部サイトです

「朱紋峰 本式」のYouTube

シマノ公式YouTube

竿のカタログシリーズ