グラス竿を変えた「江戸川」

それまでほとんど竹製だった釣竿に新しく登場したグラスロッド。昭和30年代の後半のことだ。一部では「ガラス竿」「化学竿」などとも呼ばれた。

初期のグラスロッドは、継口の部分に金属の輪がはめられ口割れしないように補強されていた。その後、継の部分に竹竿と同じように糸が巻かれるようになり金属の輪は姿を消した。しかし、竿全体は、「振り出し」と呼ばれるアンテナのようにするすると伸びる1本仕舞いだった。

当時竹竿の安物は数百円で購入でき、釣具店には竹を切ってそのまま竿にした、より安価な延べ竿も売っていた。釣り堀などではこの延べ竿を釣り客に貸し出していた。これに対し、グラスロッドは7尺や8尺の短い竿でも1000円を超え、長い竿になると数千円といった値段が付けられていた。

1987年の桜釣具カタログの表紙は保美大沼。現在では閉園
1987年の桜釣具カタログの表紙は保美大沼。現在では閉園
【スポンサードリンク】

【並継ぎへら鮒竿「江戸川」の登場】
昭和39年になるとサクラの「江戸川」登場。グラスロッドだが竹竿と同じように並継ぎで、当時としては飛び抜けて丁寧な段巻きの塗りが施され、やや太めの握りも竹竿の高級品に負けないほどしっかりしていた。ただ、価格も高く安いグラスロッド竿の2倍から3倍といった高級品だった。

並継ぎにしたことで、竿の調子は振り出しのグラスロッドとは比較にならないほど優れたものになった。一時期は「グラスは江戸川でなければへら竿ではない」と言われたほどだ。

振り出し竿との大きな違いは、並継ぎなので穂先の元径を細くすることが可能になったこと。それにより、竿全体のテーパーをより竹竿に近く調節することが可能になった。また、多くの振り出し竿では、穂先の元径をある程度太くする必要があり、そのために穂先自体がムクとパイプのいわゆる継穂になっていた。そして継穂のムクの部分とパイプの部分のパワーが異なり、ムクの先だけが不自然な曲がりになってしまっていた。遠くから見ると、竿が満月ではなく「7」の字のように曲がってしまうのだ。こうなると、魚を寄せても手前でグルグル回ってしまい取り込みに苦労することになる。
 この点、「江戸川」は穂先全体がムクで、竿全体がキレイに円弧を描いて曲がり、魚の引く力を竿全体で受け止めることができた。


「江戸川」がなぜこの時期に、並継ぎのへら竿を作るようになったのかは、同社がもともと和竿での長い歴史を持っていたことと無関係ではないだろう。「江戸川」のコミ部分などはおそらく和竿の技術を使い手作業で調整されていたのだと思う。その後にさまざまなメーカーから出た並継ぎのグラスロッドの中には、コミが固着してしまう竿がけっこうあったが、「江戸川」の竿にはそういう現象はほとんど起こらなかった。

1987年には江戸川もカーボン竿が主体になっている
1987年には江戸川もカーボン竿が主体になっている 江戸川の握りは独特。個性溢れる
江戸川の握りは独特。個性溢れる
【スポンサードリンク】

【「江戸川」以降のへら竿】
「江戸川」が注目を集めた頃は、竹竿も非常に活気のあるころだった。「孤舟」や「源竿師」といった一流の竿は尺単価(30cmあたりの価格。つまり10尺の竿だと、尺単価×10が価格になる)が3万円以上もした。10尺の竿だと、30万円以上だ。貨幣価値を考えれば、とんでもない高級品と言える。

 それ故に、一般的にはグラス竿が普及していった。「江戸川」と同じような並継ぎ竿がいろいろなメーカーから続々と誕生。「淀川」「鴨川」「静」「高千穂」などが印象に残っている。なぜか「川」の付いたものが多かった。

「江戸川」もラインナップを充実、同じ13尺でも「硬」「中硬」など調子の違うものはもちろん、「別仕立て」という通常の5本継ではなく、4本継の竿も登場。さらに、塗りを豪華にした1セットで数十万円もするような竿や小継タイプもあった。最近では、以前ほど「江戸川」の竿を使う人を見かけなくなったが、それでも同社のへら竿には和竿から受け継がれた「技」が込められている。

「魚を取り込む」ということと「魚を引っ張る」ということは、本来はまったく別の話なのだが、最近では硬い竿=魚を早く取り込めると信じ込んでいる釣り師が多い。魚の引く力をいかに吸収して、繊細な仕掛けで魚を取り込むかというところに釣りの面白さがある。そのためには、竿全体が美しい曲がりを見せてくれなければならない。そういった視点で、もう一度竿を見直すと「硬い」という以外の答えが見つかるのではないだろうか。

昭和49年にオリムピックからカーボン竿の「世紀」が発売されるまで、グラスロッドのへら竿の時代は続いた。カーボン竿についてはまた別のページで紹介したい。

写真は、手元にあったサクラ高級釣竿製造所の1987年のカタログから。
また、サクラ高級釣竿製造所webサイトへのリンクはこちら。「江戸川」の最新のラインナップが確認できる。
サクラ高級釣竿製造所webカタログ

「雷電」は現在でも販売されている。江戸川の竿は長い期間販売されるのも特徴
「雷電」は現在でも販売されている。江戸川の竿は長い期間販売されるのも特徴 大メーカーではないが、調子などの品揃えがしっかりしている
大メーカーではないが、調子などの品揃えがしっかりしている 江戸川の竿はすべて国内生産。長い期間修理に応じてくれる
江戸川の竿はすべて国内生産。長い期間修理に応じてくれる
鮎竿やチヌ竿、磯竿などへら竿以外の竿も制作しているサクラ高級釣竿製作所
鮎竿やチヌ竿、磯竿などへら竿以外の竿も制作しているサクラ高級釣竿製作所

※ページの最終更新日 2016年02月11日

【スポンサードリンク】
へらぶな釣りガイドTOPページ へらぶな釣りガイドTOPページ
へらぶな釣りのルール へらぶな釣りのルール
へらぶな釣りのフィールド へらぶな釣りのフィールド
野釣りの魅力 野釣りの魅力
50cm超えの巨ベラ釣り 50cm超えの巨ベラ釣り
へらぶな釣りのエサ へらぶな釣りのエサ
素早い合わせ 素早い合わせ
へら竿の選び方 へら竿の選び方
長竿の選び方 長竿の選び方
グラス竿を変えた「江戸川」 グラス竿を変えた「江戸川」
中古竹竿の選び方 中古竹竿の選び方
へらウキ へらウキ
ウキ止めゴムを使わないウキ止め ウキ止めゴムを使わないウキ止め
ハリの選び方 ハリの選び方
糸(ライン)の選び方 糸(ライン)の選び方
釣台の選び方 釣台の選び方
河口湖の釣り 河口湖の釣り
震生湖の釣り 震生湖の釣り
熊の池の釣り 熊の池の釣り
へら鮒釣り依存症 Nへら鮒釣り依存症
後楽園にへら鮒釣り堀があった頃 後楽園にへら鮒釣り堀があった頃

【役に立つへらぶなアンケート】


持っている竿の長さは?
どんな釣場へ行きますか?
盛期の標準の道糸は?
寒期の標準の道糸は?
盛期の標準のハリスは?
寒期の標準のハリスは?
竹竿や合成竿を使いますか?
おもに使用するエサは?
どんな釣り方が好きですか?
どんな釣り具をお持ちですか?
富士五湖、お勧めの湖は?
埼玉お勧めの管理や釣堀は?
●へらぶな釣りガイドTOPページ